PMS

PMSでお悩みの貴女へ

PMS(月経前症候群)/PMDD(月経前不快気分障害)

なんかいらいらする、過食が止まらない、気持ちがふさいでしまう・・・
ふと気づけば、月の半分近くが不調だったり、仕事や学業への支障が出ていたりしませんか。
そして、この不調は煩わしいことに、毎月訪れる・・・
何年こんなことを続ければ良いのか、とても不安な気持ちになられているのではとお察しします。
当クリニックでは、このようなお悩みを抱えながら改善策のなかった方に対して、
最先端の医学的エビデンスと治療法を導入し、それぞれの根本的原因に応じた治療を行い成果を重ねています。

  • 不調の原因を知りたい
  • 色々取り組んできたけれど結果が出ない、どうしたらいいかわからない・・・
  • ピルを飲むのが不安
  • 本当に自分に合った治療はあるの?

など様々なご不安をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。
初診から治療に至るまで、ホルモンの専門でもあり、長年、女性の心身の治療と予防に専念し、自らもPMSを克服してきた院長が診療を行っています。
意外に思われるかもしれませんが、当クリニックでの治療成績の統計ではホルモン補充療法以外の治療でPMSの症状が改善されたケースもかなり認められています。

実際の流れは、専用の問診票をご記入頂き、症状やお困りの内容を詳しく伺いながら、お一人お一人の症状に対して、最も必要な検査・治療方法をご提案させて頂きます。
当クリニックのPMS治療の大きな特徴は、
1) 米国の最先端の検査・治療法を導入
2) ピルを使用しない
3) 個人差に応じた治療法をご提案

例えば、バイオアイデンティカルホルモン補充療法に関しても、様々な側面からの配慮、調整が必要であり、このような方法は米国のホルモン治療最前線の医療技術でなければ実現しえない内容です。
このように治療の質と個人差、根本的原因を重視した治療により、最も効果的に効果を得ることができるのです。